【頸部動脈超音波検査】
頚部の動脈に超音波をあてて、動脈の内膜と中膜の厚さを測定します。動脈硬化があると、血管壁の肥厚(これをプラークといいます)が見られますが、これは内膜に粥状物質といわれるコレステロール由来の物質がたまったり、中膜にカルシウムが沈着することでおこります。
[価 格]3,600円(税込)
閉じる